第1回公認心理師試験第4問

Pocket

4 森田療法について、正しいものを1つ選べ。

① 「精神交互作用」の過程を重視する。

② 創始時に多く適用された対象は、統合失調症であった。

③ あるがままに受け入れるアプローチは、「身調べ」に由来する。

④ 原法の絶対臥褥期では、読書は行ってもよいとされる。

⑤ 「ヒポコンドリー性基調」とは、注意が外界に向けられ他者に敏感である状態をいう。

答えは1

森田療法に関する問題。森田療法は森田正馬(もりたまさたけ)が1920年に創始した神経症を対象にした日本独自の精神療法。人間に本来備わっている自然治癒力を促し、神経症形成の根底にある執着(とらわれ)の悪循環を断つことを目指すというもの。

 症状を「あるがまま」に受け入れ、これに直面しやるべきことを目的本位、行動本位にするようにさせるという。

1期「絶対卧褥期」1週間程度、何もせず横になっている

2期 軽作業気 3日~1週間程度 軽い作業をする

3期 重作業期 1週間以上 重い仕事をする(読書や木工など)

4期 実生活期 1週間以上 社会復帰に向けた訓練をする

4期から治療が構成される。

それでは各設問を読んでいきます

1は精神交互作用について。神経症状態のメカニズムを「心身の状態に注意が集中することによって引き起こされる」と考え、それを精神相互作用としました。

2は対象は神経症なので違います

3は身調べという言葉について。これは内観法で用いられる言葉なので相応しくありませ ん

4は読書はいつ行うか?重作業期に読書などを行うとされています。絶対卧褥期は何もしないで横になっている時期です。

5はヒポコンドリー基調について。森田療法では神経症になりやすい心気的な性格をこう呼びました。「注意が外界に向けられ他社に敏感な状態」ってなんだろう?

というわけで答えはになります。

森田療法は創めた森田先生が慈恵医大の先生だったので、今でも慈恵第三病院では森田療法が行われてると聞きます。知り合いの慈恵の医者はそこまで「森田療法が~」っていう人は少ないような・・・ サンプルが少ないのではっきりしませんが、好きな人は大好きですよね、森田療法。自分は絶対卧辱を1日だけ体験してみたいですね。さすがに1週間はきついです・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください