2019年第2回公認心理師試験第3問

Pocket

問3 20世紀前半の心理学の3大潮流とは、ゲシュタルト心理学、行動主義ともう1つは何か、正しいものを1つ選べ。

性格心理学

精神分析学

認知心理学

発達心理学

人間性心理学

回答は2

心理学の歴史からの問題。

歴史をざっと追っていくと、1800年代中ごろに精神物理学が成立。ヴントが心理学の実験を行うようになり、要素主義が生まれ、機能主義、構成主義に発展します。

1900年代前半になると、構成主義に対抗するようにゲシュタルト心理学、精神分析、行動主義の3つが誕生します。ここからさらにいろいろな学派が誕生していきます。

というわけで答えは2の精神分析となります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください