2020年第3回公認心理師試験第19問

Pocket

19 過敏性腸症候群(IBS)について、正しいものを1つ選べ

①感染性腸炎は、発症と関連しない

②内臓痛覚閾値の低下が認められる

③我が国の有病率は、約2%である

④プロバイオティクスは、有効ではない

⑤下痢型IBSは女性に多く、便秘型IBSは男性に多い

 

 

回答は2

 

 

過敏性腸症候群について。問18に続いて心身症に関連した問題です。

この病気は

明確な原因がないにもかかわらず、便秘や下痢等の症状が数か月以上にわたって続く病気で、排便すると楽になる腹痛と、下痢や便秘などが主な症状。日本人の10%が罹患していると言われる。

原因はわかっていないが、腸炎のあとになりやすいとされている。

という病気です。

選択肢を見ていきましょう

①関連があるとされています

②つまり「弱い刺激でも痛いと感じるようになる」ものです。これはIBSの人の特徴です

③約10%と言われています

④有効です。ヨーグルトやヤクルトを飲みましょう

⑤これは男女が逆と思われます。

よって答えは2となります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください