認知症患者が減るってホント?

Pocket

先日twitterを何気なく眺めていたら斎藤環先生が精神科の将来についていろいろとおっしゃっていました。

内容をまとめると

精神科は将来大量に閉鎖される。精神疾患で入院が必要な患者数は減り、本来ならば空床だらけとなるところを認知症の患者の入院で補っている。認知症を精神科に入院させるのは先進国で日本くらい。そんな認知症も今後患者数が減少する。だから空床が埋められなくなった精神科が病棟を閉鎖していく

 

そんな内容でした。

 

 

精神科が徐々に衰退していくのはもうわかっていてそこはいいんですが、自分の中で疑問だったのは先生のこの発言

認知症の患者数は増加するって自分は習ったんですけどとちょっとびっくり。

 

 

出典があるならぜひ教えてほしいです。読んでみたいので。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

1件のコメント

  1. 強力に自然治癒を促す最強の必須栄養素です。悩めるあなたに最適。
    最新の研究で、自閉症やアルツハイマー病、癌等は、ヒューマンパピローマウイルスの感染とアスベスト±重金属の汚染の合併と分かりました。治療はいたって簡単です。平均適量は、ビタミンD400単位x3~4/日とタウリン180㎎x3~4/日です。全身のウイルスやアスベストが尿中に排泄されます。回復を促進させる事が出来ます。自閉症等は発症3年以内だと劇的に治ります。それ以降は効果は落ちますが、徐々に効きます。近くの薬局で買えない場合は、ネットや又は海外から個人輸入できます。タウリンはリポビタンDなどにも入っている安全なものです。ビタミンDは骨・カルシウム代謝のみでなく、脳細胞を元気にして、その再生と更に新生をも助けます。つまり健康人でも飲めますし、それなりに集中力がつき、頭が働くという事です。両者とも強力な、そして副作用の殆どない、抗がん/抗ウイルス作用が見つかっています。是非私のブログを参照にしましょう。➡ http://blog.goo.ne.jp/nobuokohama 。
    これらは必須栄養素であり、非常に簡単に誰でも何処でもできますから、是非試されることを期待します。ご参考まで。あらゆる精神疾患・脳疾患や不眠症、喘息、癌など、全てに応用は可能です。  DRNO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です